若々しく顔を演出するポイントはアイメイクですね。
美顔のポイントも必要ですね。

目元のメイク落とし


目元のメイク落としは優しく丁寧にするのがポイントです。

顔全体のクレンジング前にまずは目元のメイクを落とすようにしましょう。
目元のメイクを落とそうと顔全体をゴシゴシしていると、顔の肌全体に負担をかけてしまいます。

ポイントメイク専用のクレンジングも多く出ていますが、普通のメイク落としでは落ちない汚れを落とすために作られているので、刺激が強いです。
オリーブオイルやスクアランオイルなどの天然オイルを使う方法をおすすめします。


オリーブオイルやスクアランオイルをコットンにたっぷり含ませます。
目元に1分くらい乗せておき、軽くぬぐいましょう。

メイクのかけた時間の倍の時間はかけるくらいの気持ちでいましょう。
ゴシゴシと擦ると皮膚を刺激し、しみやしわの原因になります。


持ち歩きに便利なふきとりタイプは防かび剤などが含まれているので、出張や旅行先などで便利です。

オイルタイプはドーランなどを使う台化粧のような濃いメイクを落とすのに使われてきましたので、しっかりメイクの日だけ使用するなど用途を決めて使用するといいでしょう。


肌トラブルのない人はあまり問題ないかと思いますが、原因不明の肌荒れがある際には、クレンジング剤が原因とういケースもある様ですので、刺激の弱いものを探しましょう。

目元のメイクを落とした後、ファンデーションを落すためにクレンジング剤を顔にのせるときは、皮膚の比較的強い部分、額を含むTゾーから頬などのUゾーン、という順に乗せていきましょう。
最後に目元・口元となじませていくと、皮膚の薄い(弱い)部分に長い時間クレンジング剤が触れずに済みますので、肌への負担が大幅に軽減されます。

目元・口元はデリケートな部分なので刺激の弱いメイク落としで優しく行いましょうね。
ゴシゴシこすっては絶対ダメですよ。
posted by ピーちゃん at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク落し

アイメイククレンジング

肌のためには基本的にメイクはしないに越したことはありません。
しかし現代女性にとって、メイクはたしなみになっていますね。
メイクをした後は、若々しい肌を保ち続けるために、しっかりクレンジングをしてメイクを落としておく必要があります。

忙しかったり、帰宅が遅かったりすると、ついメイクを落とすのを忘れてしまうということありませんか?顔を洗うだけで済ませてしまう人もいるはずです。
いきなり顔全体のメイクを落とす前に、アイメイクを専用のリムーバーで丁寧にクレンジングしましょう。
アイシャドウのような色素の入ったアイメイクをきちんと落とさないまま放っておくと
色素沈着、シミ、小じわの原因となるなど肌老化の大きな原因にもなります。

専用のものは、クレンジングシートもしくはアイメイクリムーバーになるでしょう。
目元は、アイメイク専用のリムーバー、コットン、綿棒を使って完璧に落としましょう、汚れを周りに広げないように落とすのがコツですよ。
目のまわりの皮膚は、とても薄く敏感ですから、取り扱い説明書もきちんと読んで、適量を守りましょう。
まぶたを刺激しないように優しく行ってくださいね、ゴシゴシこすっては、睫毛も抜けちゃうしまぶたの皮が剥けてしまいます。

まつげの際や細かいシワの間に入り込んだメイクは、なかなか落ちません。
アイメイクをしたときと同じぐらいの時間をかけてクレンジングするようにしましょう。
落ちないマスカラを毎日使い、クレンジングをしている人は、まつげが痩せていくこともあります。
トラブルケアにはアイケア専用の化粧品やまつげ専用の実溶液もありますので試してみてはいかがですか。
posted by ピーちゃん at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク落し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。