若々しく顔を演出するポイントはアイメイクですね。
美顔のポイントも必要ですね。

大人の女性アイメイク

大人の女性にこそ似合うメイクというものがあります。
目尻を気持ち上げて描くことでリフトアップを狙いましょう!

大人の女性アイメイクで艶のある大人の女性アイメイクで用意するもの
○ペンシルアイライナー
○ゴールドのアイシャドウ
○ブラウン(ゴールドがかったもの)のアイシャドウ
これで大丈夫。

では方法です。
まずは黒のペンシルアイライナーで気持ち太めに描きます。目尻を気持ち上げて描くことでリフトアップを狙いましょう。
次にリキッドアイライナーを目の際にそって描きましょう。
ラインが2層になる事で深みのある目元になります。

下まぶたに引くラインは大切です。
でも、違和感を感じる人も少なくはないのですよね。そんな方には目の下グラデーションがおすすめです。
まずはペンシルのアイライナーを下まぶたの際に沿って描きます
次にゴールドのシャドウを目の下にのせます。チップを横に寝かせた位の幅がいいでしょう。
仕上げにブラウンゴールドを目の際に乗せていきます。
こちらはチップを立てる様にして細めに。
アイラインに気持ちかぶる様にのせるのがポイントです。

艶のある大人の女性アイメイクの仕上がりです。
posted by ピーちゃん at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法

結婚式のアイメイク


華やかな結婚式に出席する場合のアイメイクもマナーの一つです。

大人の女性として、TPOに応じたメイクができるようになりたいですね。

華やかな席では、どんなメイクをしたらいいのでしょうか。
悩んでしまいますね。


普段よりもファンデーションを多めにつけてアイカラーや口紅も濃い目の色を使ってみて、ただの白浮きした厚化粧になってしまうと悲しいものです。

「立体感」と「くずれにくさ」を意識したメイクを心がけましょう。

普段のメイクを少し丁寧にするだけでもきちんと見えてきますよ。


顔全体には、まず下地とファンデーション。

黄色のコンシーラーを目元、頬、小鼻の際、口元の順にぬっていきます。
ファンデーションは頬や目の下をパッティングし、顔の中から外へとぼかしていきます。


眉はアイブローで小鼻と目じりの延長線上までを眉山から引いていきます。

下のラインは眉頭からの自然な流れを保ちます。
顔に立体感が出て自然になります。


ペンシルできちんとリップラインと口角を描き、明るい色の口紅を全体に丁寧にぬります。
唇の中央に丸くグロスを乗せて立体リップができあがり。


アイメイクは、色をのせるまえに、眉まわりの産毛処理をしておきましょう。
色がよく映えます。

では、最初に薄づきの白いアイシャドーをアイホール全体に塗ります。
それからアイラインを丁寧に引いていきます。
そしてカラーアイシャドーをまぶたに乗せていきます。

ビューラーやまつげパーマでまつげをあげておくと、目がぱっちりします。

目力を入れたい場合は、目じりにだけ部分つけまつげなどをつけると、目力がアップしますよ。

華やかの席だからとあまり派手なメイクは嫌われますから、普段よりちょっと時間をかけて丁寧にすれば良いのです。

posted by ピーちゃん at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法

大人の女性のアイメイク

しとりとした明るい目元の大人の女性のメイクというものがあります。
最近目元にハリが無くなって、アイラインも上手くいかないと悩んでいる方落ち込まないでね。
10代、20代前半と同じメイク法では、今の自分にあった理想の顔を作る事が難しいだけかもしれません。
自分にあったアイメイクで艶のある大人の女性になりましょう!

大人のオンナアイメイクで用意するもの
○ペンシルアイライナー
○リキッドアイライナー
○ゴールドのアイシャドウ
○ブラウン(ゴールドがかったもの)のアイシャドウ
これで大丈夫です。

まずは黒のペンシルアイライナーで気持ち太めに描きます。
目尻を気持ち上げて描くことでリフトアップを狙いましょう。
あくまでも気持ち上げる位にするのがポイントですよ!

次に黒のリキッドアイライナーを目の際にそって描きましょう。
ペンシルで下書きをしているので、ラインがガタガタになってしまっても気にならないですよ。
ラインが2層になる事で深みのある目元になります。

アイシャドウに合わせた色でアイラインを引くこともポイントです。
でも、違和感を感じる人も少なくはないのですよね。
そんな方には目の下グラデーションがおすすめです。
まずはペンシルのアイライナーを下まぶたの際に沿って描きます。
次にゴールドのシャドウを目の下にのせます。
チップを横に寝かせた位の幅にすると柔らかさが生まれていいでしょう。

仕上げにブラウンゴールドを目の際に乗せていきます。
こちらはチップを立てる様にして細めに、アイラインに気持ちかぶる様にのせるのがポイントです。
これで大人の女性のエレガントを演出できますよ。


posted by ピーちゃん at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法

奥二重のアイメイクのポイント


日本人に多いと言われる、奥二重まぶた
この奥二重のアイメイクは基本的には奥二重をぱっちりした目元の印象に変えるかがポイントです。

奥二重のアイメイクのポイントとしては、奥二重の一本眉はキツい印象になるのでアイホールにクリームシャドウを薄く伸ばし、光沢感を出して、二重の部分にメインの色を、少し濃い目にのせ、そして、ラインはなじませてぼかします。
アイシャドウは、奥二重の幅より少しはみ出す程度にぼかしてみます。

アイラインひとつで印象が変わるのでアイライナーは重要です。
アイラインは、リキッドがあれば、まつ毛の下からまつ毛の間を埋めるようにかいてみるといいでしょう。
まつ毛の上は、ペンシルタイプのものを、アイシャドーのように少し太めに引いてぼかしてなじませるときれいに仕上がり目が大きく見えます。
自然なブラウン系がおすすめですが、春・夏には紺色もいいですよ。

アイシャドウは目尻に派手か濃い色をつけるときれいに見えます。
立体感のある軽い感じのまぶたに仕上げるにはアイシャドウの2色使いがよいでしょう。
アイシャドウの2色使いではライトカラーとダークカラーを用いて広めにつけて見るとよいです。
ダークカラーで目尻から中央と目尻から外側、下まぶたの目尻から中央の部分をぼかした後、ライトカラーでまぶた全体をぼかすとグラデーションをキレイに出すことが出来ます。
アイシャドウつければ、よりきれいに仕上がりますよ。

パッチリした目元に仕上げるには、ビューラーやマスカラでまつげをしっかり上向きにあげましょう。
自然な感じにしたい方はマスカラのみでもいいですよ。
下のまつげにもマスカラをつけることで、目が大きく見えるようになります。



posted by ピーちゃん at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法

簡単アイメイク術

忙しい朝はアイメイクをすべてきっちりやっている充分な時間は取れませんね。
日頃から眉毛周辺の産毛は手入れしておくとアイメイクの時間が短縮できます。
本当に必要な部分にのみ時間をかけ、苦手な部分はカットし、時間を短縮させる作戦でいきましょう。

例えば、ビューラーを使うのが苦手なら、いっそもうビューラーを使わず、カールアップ効果の高いマスカラを使う。
もしくは休日にまつ毛パーマをかけて、平日の朝にマスカラをぬるだけの状態にしておくとかを考えましょう。

アイシャドウはクリームアイシャドウならすっとのびて、まぶたに自然に広がります。
忙しい朝に、指でさっとぬれます。
ベージュ・ブラウン系なら、服の色を選ばず、肌なじみがいいです。

簡単アイメイクの主役はアイラインです、アイラインを入れるだけで引き締まります。
アイラインが苦手な人でもペンシルタイプは描きやすいので使いこなせるでしょう。
アイラインはまつげとまつげの間を埋め込む感じでまつげの根元を下から埋めるようにインラインを描きます。
アイメイクは一番他人の目につくところですのでしっかりと押さえておきたいところですね。
アイメイクが素敵なおしゃれな女性っていいですよね。
posted by ピーちゃん at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。