若々しく顔を演出するポイントはアイメイクですね。
美顔のポイントも必要ですね。

結婚式のアイメイク


華やかな結婚式に出席する場合のアイメイクもマナーの一つです。

大人の女性として、TPOに応じたメイクができるようになりたいですね。

華やかな席では、どんなメイクをしたらいいのでしょうか。
悩んでしまいますね。


普段よりもファンデーションを多めにつけてアイカラーや口紅も濃い目の色を使ってみて、ただの白浮きした厚化粧になってしまうと悲しいものです。

「立体感」と「くずれにくさ」を意識したメイクを心がけましょう。

普段のメイクを少し丁寧にするだけでもきちんと見えてきますよ。


顔全体には、まず下地とファンデーション。

黄色のコンシーラーを目元、頬、小鼻の際、口元の順にぬっていきます。
ファンデーションは頬や目の下をパッティングし、顔の中から外へとぼかしていきます。


眉はアイブローで小鼻と目じりの延長線上までを眉山から引いていきます。

下のラインは眉頭からの自然な流れを保ちます。
顔に立体感が出て自然になります。


ペンシルできちんとリップラインと口角を描き、明るい色の口紅を全体に丁寧にぬります。
唇の中央に丸くグロスを乗せて立体リップができあがり。


アイメイクは、色をのせるまえに、眉まわりの産毛処理をしておきましょう。
色がよく映えます。

では、最初に薄づきの白いアイシャドーをアイホール全体に塗ります。
それからアイラインを丁寧に引いていきます。
そしてカラーアイシャドーをまぶたに乗せていきます。

ビューラーやまつげパーマでまつげをあげておくと、目がぱっちりします。

目力を入れたい場合は、目じりにだけ部分つけまつげなどをつけると、目力がアップしますよ。

華やかの席だからとあまり派手なメイクは嫌われますから、普段よりちょっと時間をかけて丁寧にすれば良いのです。

posted by ピーちゃん at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。