若々しく顔を演出するポイントはアイメイクですね。
美顔のポイントも必要ですね。

アイメイク基本講座


「目は口ほどに物を言う」というように、私達は人を見るとき、まず相手の目を見て判断していますよね。

他人に注目されているのが目・目元なのです。
女性としてぬかりなくアイメイクしておきましょう。

現代生活では止むをえないのか、目の周りが他よりも暗い方が結構おられますね。
くまや色素沈着に悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。

こういったクスミを消してくれるのは、化粧下地。イエローのコントロール・カラー(コンシーラー)です。

赤ら顔の人はグリーンのコントロール・カラー、黄色が強い人はパープルのコントロール・カラーを使いましょう。

自分がどのタイプが分からない人は、美容部員さんにアドバイスを求めてみましょう。

それからファンデーションです。
新しいスポンジを使って二重の中やまぶたの際まで入念に馴染ませて下さい。

極軽いタッチで馴染ませ、仕上げはパウダー(白粉)で押えます。
目の下にパウダーを多めに乗せておきましょう。アイシャドウ等が落ちた時にこすると伸びて台無しになってしまいますから。


次にアイラインです。
アイラインは目を大きく見せたり形を変えたりするのに効果的です。

まつ毛をフサフサと濃く見せる役目もあります。マスカラだけじゃなんですよ。
これを知らない人は多いかもしれません。
だから軽視されがちです。

そんな人は、まつ毛とまつ毛の間に白い点々があります。
勿体無いですよ。
必ずまつ毛とまつ毛の間を埋めて下さい。


一番人の目につくのがアイメイクです。
押さえるところはきちんと押さえて、目元美人を目指したいもの。


まずはアイシャドウですが、ナチュラルメイクや「ちょっとそこまで」メイクのときは飛ばします。
アイシャドウは、一度手の甲に落としてからまぶたにつけるのがポイントです。

目の中央の一番高いところにのせて、左右に広げていくとハイライトで立体的になり、効果的に見えます。
薄い色から塗りはじめて、だんだん濃い色にしていきます。境目をぼかして自然さを出しましょう。


次にアイライン。
これは目元を引きしめるもっとも重要アイテムです。
ペンシルタイプのアイライナーを使い、睫毛と睫毛の間のスキマを埋め込むように描いていきます。

もう片方の手でまぶたを持ち上げ、ねんまく部分を出すと描きやすくなりますよ。
描いたラインの上を綿棒でなぞって、余分な皮脂分をとりのぞきましょう。
これはにじみ防止のテクニックで、このひと手間をかけることで持ちが違ってきます!


このあと腕に自信がある人は、リキッドタイプのアイライナーを使って、うわまぶたのまつ毛の生えている外側に、さっと一気にラインをひきます。
上手にひけるととってもキレイな目になりますよ。
posted by ピーちゃん at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。