若々しく顔を演出するポイントはアイメイクですね。
美顔のポイントも必要ですね。

アイメイクの基本

自分の眉のカタチを生かし、きちんとお手入れされているのが理想的な眉です。

アイシャドーの基本は、「濃い色」と「淡い色」を適切に使い分けることです。
すると、目元に立体感が生まれて、顔の印象がぐっと変化しますよ。

おすすめするのは、「淡い色」に肌になじみやすいオレンジがかったベージュ、「濃い色」に赤みの少ないブラウンを使う2色使いです。
肌色に自然になじみます。

まず、髪色に合わせて「淡い色」のブラウンやベージュ系カラーで眉全体を自然にまぶたに乗せていきます。

付属のチップでもいいかと思いますが、より繊細な仕上がりのアイメイクをのぞむならブラシがおすすめです。
ブラシにとって目尻に色を置き、アイホール全体に色を広げましょう。

次に「濃い色」をチップなどにとり、目尻から目頭の方へ徐々に細くなるように塗っていきます。
2つの色の境界線をなじませましょう。

アイシャドーと目元とのバランスは、目を開けた時にぼかした部分が2〜3mm見えるようにすると、より奥行きのある引き締まった印象に仕上がります。


淡い色と濃い色に中間色を加えた3色つかいは、グラデーションをつくることで、しっとりとした大人の目元になります。

濃い色を目のきわから目尻に向かって、少し高めの位置までぼかします。そして、中間色を濃い色との境界に重ねるように綿棒でやさしくアイホールまでぼかします。
下まぶたの目尻より3分の1あたりにも中間色。
仕上げに淡い色は眉下と下まぶたのきわにするとより自然な仕上がりになります。


一色使いは、その日の衣装やイメージや気分に合わせて1からーでシンプルに目を演出します。
暖色系のオレンジやピンクはかわいらしい目元、寒色系のブルーやミントはさわやかな印象になります。

目のきわからアイホールまでブラシで放射線状にぼかし、下まぶたの目尻より3分の1あたりにもほんのりアイシャドーを自然に広げてのせます。

posted by ピーちゃん at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。