若々しく顔を演出するポイントはアイメイクですね。
美顔のポイントも必要ですね。

目元のメイク落とし


目元のメイク落としは優しく丁寧にするのがポイントです。

顔全体のクレンジング前にまずは目元のメイクを落とすようにしましょう。
目元のメイクを落とそうと顔全体をゴシゴシしていると、顔の肌全体に負担をかけてしまいます。

ポイントメイク専用のクレンジングも多く出ていますが、普通のメイク落としでは落ちない汚れを落とすために作られているので、刺激が強いです。
オリーブオイルやスクアランオイルなどの天然オイルを使う方法をおすすめします。


オリーブオイルやスクアランオイルをコットンにたっぷり含ませます。
目元に1分くらい乗せておき、軽くぬぐいましょう。

メイクのかけた時間の倍の時間はかけるくらいの気持ちでいましょう。
ゴシゴシと擦ると皮膚を刺激し、しみやしわの原因になります。


持ち歩きに便利なふきとりタイプは防かび剤などが含まれているので、出張や旅行先などで便利です。

オイルタイプはドーランなどを使う台化粧のような濃いメイクを落とすのに使われてきましたので、しっかりメイクの日だけ使用するなど用途を決めて使用するといいでしょう。


肌トラブルのない人はあまり問題ないかと思いますが、原因不明の肌荒れがある際には、クレンジング剤が原因とういケースもある様ですので、刺激の弱いものを探しましょう。

目元のメイクを落とした後、ファンデーションを落すためにクレンジング剤を顔にのせるときは、皮膚の比較的強い部分、額を含むTゾーから頬などのUゾーン、という順に乗せていきましょう。
最後に目元・口元となじませていくと、皮膚の薄い(弱い)部分に長い時間クレンジング剤が触れずに済みますので、肌への負担が大幅に軽減されます。

目元・口元はデリケートな部分なので刺激の弱いメイク落としで優しく行いましょうね。
ゴシゴシこすっては絶対ダメですよ。
posted by ピーちゃん at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク落し

結婚式のアイメイク


華やかな結婚式に出席する場合のアイメイクもマナーの一つです。

大人の女性として、TPOに応じたメイクができるようになりたいですね。

華やかな席では、どんなメイクをしたらいいのでしょうか。
悩んでしまいますね。


普段よりもファンデーションを多めにつけてアイカラーや口紅も濃い目の色を使ってみて、ただの白浮きした厚化粧になってしまうと悲しいものです。

「立体感」と「くずれにくさ」を意識したメイクを心がけましょう。

普段のメイクを少し丁寧にするだけでもきちんと見えてきますよ。


顔全体には、まず下地とファンデーション。

黄色のコンシーラーを目元、頬、小鼻の際、口元の順にぬっていきます。
ファンデーションは頬や目の下をパッティングし、顔の中から外へとぼかしていきます。


眉はアイブローで小鼻と目じりの延長線上までを眉山から引いていきます。

下のラインは眉頭からの自然な流れを保ちます。
顔に立体感が出て自然になります。


ペンシルできちんとリップラインと口角を描き、明るい色の口紅を全体に丁寧にぬります。
唇の中央に丸くグロスを乗せて立体リップができあがり。


アイメイクは、色をのせるまえに、眉まわりの産毛処理をしておきましょう。
色がよく映えます。

では、最初に薄づきの白いアイシャドーをアイホール全体に塗ります。
それからアイラインを丁寧に引いていきます。
そしてカラーアイシャドーをまぶたに乗せていきます。

ビューラーやまつげパーマでまつげをあげておくと、目がぱっちりします。

目力を入れたい場合は、目じりにだけ部分つけまつげなどをつけると、目力がアップしますよ。

華やかの席だからとあまり派手なメイクは嫌われますから、普段よりちょっと時間をかけて丁寧にすれば良いのです。

posted by ピーちゃん at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法

ベビーフェイス・たれ目のアイメイク


つり目の人はたれ目やベビーフェイスの顔がいいなぁと思います。
また、たれ目やベビーフェイスの人は色っぽい大人のメイクを見て、あんな風にしたいなぁと思うようです。

目元の印象をアイメイクで変えられないものかと思っている方に朗報!
アイメイクしだいで目元のコンプレックスは軽減できますよ。

今回は、ベビーフェイス(童顔)たれ目メイクの作り方です。

たれ目アイメイクは目頭より目尻を強調するようにします。
ポイントは下まぶたのアイライン。目尻から1/3程度のところに太めに引くとたれ目に見えます。
色はナチュラルなブラウンがいいでしょう。

マスカラもアイライン同様に目尻にボリュームが出るようにします。
マスカラ下地をしっかり塗ってマスカラをしましょう。

アイラインは濃く太くならないように、まつげの隙間を埋めるように細く描いていきます。
目尻をつり上げた感じの猫目のほうが大人の可愛さがでるでしょう。

アイシャドウは、大人っぽくみせるにはゴールドやブラウン系などを中心に下まぶたに乗せてみるのがおすすめです。

チークは頬に丸くのせると可愛らしく見えます。
ピンク系は可愛らしいイメージを持たせるのでたれ目・童顔にみせたいときに是非使いましょう。

メイクのバランスとしては、目元に印象を置いたときに口元は淡い色。口元に印象を置きたい場合は目元をナチュラルにしてバランスをとるようにしましょう。

「色っぽさ」をプラスしたいときには口元も意識したほうがいいでしょう。

リップを塗る前にリップラインを自分の口のラインより1mm外側に引くと、唇に厚みが出てよりセクシーで可愛い印象になります。

posted by ピーちゃん at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク

アイメイク基本講座


「目は口ほどに物を言う」というように、私達は人を見るとき、まず相手の目を見て判断していますよね。

他人に注目されているのが目・目元なのです。
女性としてぬかりなくアイメイクしておきましょう。

現代生活では止むをえないのか、目の周りが他よりも暗い方が結構おられますね。
くまや色素沈着に悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。

こういったクスミを消してくれるのは、化粧下地。イエローのコントロール・カラー(コンシーラー)です。

赤ら顔の人はグリーンのコントロール・カラー、黄色が強い人はパープルのコントロール・カラーを使いましょう。

自分がどのタイプが分からない人は、美容部員さんにアドバイスを求めてみましょう。

それからファンデーションです。
新しいスポンジを使って二重の中やまぶたの際まで入念に馴染ませて下さい。

極軽いタッチで馴染ませ、仕上げはパウダー(白粉)で押えます。
目の下にパウダーを多めに乗せておきましょう。アイシャドウ等が落ちた時にこすると伸びて台無しになってしまいますから。


次にアイラインです。
アイラインは目を大きく見せたり形を変えたりするのに効果的です。

まつ毛をフサフサと濃く見せる役目もあります。マスカラだけじゃなんですよ。
これを知らない人は多いかもしれません。
だから軽視されがちです。

そんな人は、まつ毛とまつ毛の間に白い点々があります。
勿体無いですよ。
必ずまつ毛とまつ毛の間を埋めて下さい。


一番人の目につくのがアイメイクです。
押さえるところはきちんと押さえて、目元美人を目指したいもの。


まずはアイシャドウですが、ナチュラルメイクや「ちょっとそこまで」メイクのときは飛ばします。
アイシャドウは、一度手の甲に落としてからまぶたにつけるのがポイントです。

目の中央の一番高いところにのせて、左右に広げていくとハイライトで立体的になり、効果的に見えます。
薄い色から塗りはじめて、だんだん濃い色にしていきます。境目をぼかして自然さを出しましょう。


次にアイライン。
これは目元を引きしめるもっとも重要アイテムです。
ペンシルタイプのアイライナーを使い、睫毛と睫毛の間のスキマを埋め込むように描いていきます。

もう片方の手でまぶたを持ち上げ、ねんまく部分を出すと描きやすくなりますよ。
描いたラインの上を綿棒でなぞって、余分な皮脂分をとりのぞきましょう。
これはにじみ防止のテクニックで、このひと手間をかけることで持ちが違ってきます!


このあと腕に自信がある人は、リキッドタイプのアイライナーを使って、うわまぶたのまつ毛の生えている外側に、さっと一気にラインをひきます。
上手にひけるととってもキレイな目になりますよ。
posted by ピーちゃん at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。