若々しく顔を演出するポイントはアイメイクですね。
美顔のポイントも必要ですね。

大人の女性のアイメイク

しとりとした明るい目元の大人の女性のメイクというものがあります。
最近目元にハリが無くなって、アイラインも上手くいかないと悩んでいる方落ち込まないでね。
10代、20代前半と同じメイク法では、今の自分にあった理想の顔を作る事が難しいだけかもしれません。
自分にあったアイメイクで艶のある大人の女性になりましょう!

大人のオンナアイメイクで用意するもの
○ペンシルアイライナー
○リキッドアイライナー
○ゴールドのアイシャドウ
○ブラウン(ゴールドがかったもの)のアイシャドウ
これで大丈夫です。

まずは黒のペンシルアイライナーで気持ち太めに描きます。
目尻を気持ち上げて描くことでリフトアップを狙いましょう。
あくまでも気持ち上げる位にするのがポイントですよ!

次に黒のリキッドアイライナーを目の際にそって描きましょう。
ペンシルで下書きをしているので、ラインがガタガタになってしまっても気にならないですよ。
ラインが2層になる事で深みのある目元になります。

アイシャドウに合わせた色でアイラインを引くこともポイントです。
でも、違和感を感じる人も少なくはないのですよね。
そんな方には目の下グラデーションがおすすめです。
まずはペンシルのアイライナーを下まぶたの際に沿って描きます。
次にゴールドのシャドウを目の下にのせます。
チップを横に寝かせた位の幅にすると柔らかさが生まれていいでしょう。

仕上げにブラウンゴールドを目の際に乗せていきます。
こちらはチップを立てる様にして細めに、アイラインに気持ちかぶる様にのせるのがポイントです。
これで大人の女性のエレガントを演出できますよ。


posted by ピーちゃん at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法

奥二重のアイメイクのポイント


日本人に多いと言われる、奥二重まぶた
この奥二重のアイメイクは基本的には奥二重をぱっちりした目元の印象に変えるかがポイントです。

奥二重のアイメイクのポイントとしては、奥二重の一本眉はキツい印象になるのでアイホールにクリームシャドウを薄く伸ばし、光沢感を出して、二重の部分にメインの色を、少し濃い目にのせ、そして、ラインはなじませてぼかします。
アイシャドウは、奥二重の幅より少しはみ出す程度にぼかしてみます。

アイラインひとつで印象が変わるのでアイライナーは重要です。
アイラインは、リキッドがあれば、まつ毛の下からまつ毛の間を埋めるようにかいてみるといいでしょう。
まつ毛の上は、ペンシルタイプのものを、アイシャドーのように少し太めに引いてぼかしてなじませるときれいに仕上がり目が大きく見えます。
自然なブラウン系がおすすめですが、春・夏には紺色もいいですよ。

アイシャドウは目尻に派手か濃い色をつけるときれいに見えます。
立体感のある軽い感じのまぶたに仕上げるにはアイシャドウの2色使いがよいでしょう。
アイシャドウの2色使いではライトカラーとダークカラーを用いて広めにつけて見るとよいです。
ダークカラーで目尻から中央と目尻から外側、下まぶたの目尻から中央の部分をぼかした後、ライトカラーでまぶた全体をぼかすとグラデーションをキレイに出すことが出来ます。
アイシャドウつければ、よりきれいに仕上がりますよ。

パッチリした目元に仕上げるには、ビューラーやマスカラでまつげをしっかり上向きにあげましょう。
自然な感じにしたい方はマスカラのみでもいいですよ。
下のまつげにもマスカラをつけることで、目が大きく見えるようになります。



posted by ピーちゃん at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイクの方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。